採寸のポイント

自分で取り付けシリーズでは、取り付ける窓や枠のサイズをご自分で採寸するところからスタートします。
取り付けるアイテムによって採寸が必要な箇所は異なりますが基本的なポイントは同じです。取り付けアイテムには採寸動画もご用意しておりますので是非ご確認ください。

【外寸法】
窓の外枠につける場合の採寸

リフォームシャッター・スタイルシェードなど、窓枠を覆うようにつけるアイテムの採寸の場合は【外々寸法】を測ります。

①幅を3箇所測ります

上、真ん中、下と3箇所の外幅を測ります。
そのうち、一番大きなサイズがアイテムの発注サイズです。

②高さを3箇所測ります

高さも同様に左、真ん中、右と3箇所の外幅を測ります。
そのうち、一番大きなサイズがアイテムの発注サイズです。

③出寸法を確認します

サッシの外壁からの出寸法を確認します。
リフォームシャッターの場合は出寸法にあわせたサイズで商品が調整されます。
ご注文時には出寸法もお知らせください。

採寸の様子は動画でもご紹介しています

外々寸法での採寸が必要なアイテム

LIXILリフォームシャッター
後付け窓用手動シャッター
[標準]シリーズ

LIXILリフォームシャッター
後付け窓用手動シャッター
[耐風]シリーズ

LIXILスタイルシェード
デザインタイプシリーズ

LIXILスタイルシェード
ベーシックタイプシリーズ

【内寸法】
窓の内枠につける場合の採寸

インプラスや内窓など、窓枠の中に追加をするアイテムの採寸の場合は【内寸法】を測ります。

①窓の奥行(出幅寸法)を測ります

インプラスの場合、この奥行(出幅寸法)が70mm以上あれば取り付け可能です。

②幅を3箇所測ります

上、真ん中、下と3箇所の内側を測ります。
そのうち、一番小さなサイズがアイテムの発注サイズです。

③高さを3箇所測ります

左、真ん中、右と3箇所の内側を測ります。
そのうち、一番小さなサイズがアイテムの発注サイズです。

採寸の様子は動画でもご紹介しています

内々寸法での採寸が必要なアイテム

LIXILインプラス(内窓)
引違い窓用[複層ガラス]
2枚建シリーズ

お問い合わせ・ご相談はこちら

メットでは『自分で取り付け』『メットにおまかせ』サービスを通して、住まいのアップデートをサポートしています。

採寸方法や組み立て、取り付けからアイテムの選び方まで、快適な住まいへのアップデートに関するご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。
メットサポータースタッフが丁寧にご案内致します。

メット株式会社
〒661-0974 兵庫県尼崎市若王寺3-30-24
営業時間 10:00~18:00(定休日 土日祝)