アップデートのポイント

2階へのシャッター取り付けも出来るの?

こんにちは、メット広報部です。いつもホームページをご覧いただいてありがとうございます!8月から9月の台風が増えてくる季節、大型台風への対策にも後付けのリフォームシャッターはおすすめです。

台風の時に被害が出やすいのは『2階の窓』!

1階の窓には防犯面も含めて雨戸やシャッターが取り付けられていることが多いのですが、2階の窓にはシャッターがついていない住宅も多くあります。
台風の時に注意が必要なのは、強風・強雨とともに、飛来物です。
小石程度の大きさであってもカンタンに窓ガラスを割ってしまうほどの勢いで飛んできます。
リフォームシャッターで2階の窓もしっかり守っていきましょう。

2階の窓への後付けは?

ベランダ、または足場が必要です。

シャッターを収納するためのシャッターボックス(写真の窓上部にある箱状の部分です)を取り付ける必要がありますので、ベランダまたは足場を用意して取り付けを行います。

これからさらに台風が増えてくる時期!
後付けシャッターは専門の業者さんであれば一日あれば施工してもらえますが、台風が増えてくる時期はどうしても混み合いやすくなかなか時間が合わないこともあります。
なるべく早め早めの対策で、安心の夏を過ごしたいですね。

台風対策には耐風シャッターがオススメです!

LIXILリフォームシャッター
後付け窓用手動シャッター
[耐風]シリーズ

台風地域や沿岸地域などの風の強い地域に最適な台風アルミ窓シャッターです。

対応サイズ
HS(高さ)1,100×WS(横幅)1,700~HS(高さ)1,700×WS(横幅)2,000

オンラインストアなら本体価格がいつでも45%OFF!

お問い合わせ・ご相談はこちら

メットでは『自分で取り付け』『メットにおまかせ』サービスを通して、住まいのアップデートをサポートしています。

採寸方法や組み立て、取り付けからアイテムの選び方まで、快適な住まいへのアップデートに関するご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。
メットサポータースタッフが丁寧にご案内致します。

メット株式会社
〒661-0974 兵庫県尼崎市若王寺3-30-24
営業時間 10:00~18:00(定休日 土日祝)