アップデートのポイント

西向きの部屋のリスクとは?窓の西日対策を解説

夏には西日による日差しが強烈で暑くなるということはないですか?西日によって部屋や家具が日焼けしたり、熱中症になってしまうリスクがあるため西日対策は必要不可欠です。この記事では、西日とは何か、西向きの部屋のリスク、屋外・屋内の窓の西日対策について解説しています。

西日とは?

西日とは西に沈んでゆく太陽の日差しのことです。西向きに窓がある場合、太陽の光が午後から夕方にかけて部屋に差し込んできます。西向きの部屋は、低い角度から強烈な日差しが差し込みますので、物件選びでもあまり好まれない傾向にあります。

西向きの部屋のリスク

室内温度が上昇してしまう

西向きの部屋は、気温が高い午後から夕方にかけて西日が差し込むため、夏に室内温度が上昇します。室内温度の上昇は息苦しさや熱中症などを引き起こす恐れがあります。

紫外線による影響がある

西日による太陽の日差しには、紫外線も含まれています。肌に紫外線を浴びるとシミやソバカス、皮膚ガンなどの原因にもなります。また、紫外線によって壁、家具などが日焼けして劣化してしまいます。

冷房の電気代が高くなる

冬場には暖かく感じられる西日も、夏場の西向きの部屋では、強めの冷房をかけないと冷えません。
そのため、夏場の西日の部屋は、冷房による電気代が高くなってしまいます。

これらのデメリットがあるため、西日の対策をしていくことが必要になってきます。

屋外の西日対策とは?

屋外の西日対策に効果的な方法について解説します。

すだれ

すだれは、細い割り竹やアシなどを何本も並べ、糸で編みつないだものです。すだれを窓の上から吊るすことで、カーテンと同じような役割をさせることができます。

サンシェード

サンシェードは、ベランダやバルコニーに設置でき、日差しを遮ることが可能です。サンシェードは家に入ってくる熱を外で遮るため、部屋の温度の上昇を抑えることで夏を快適にし、省エネ効果も期待できます。

オーニング

オーニングは日本語で「日よけ」や「雨よけ」のことです。オーニングは一般的に布製で、骨組みは建物に取り付けられた頑丈なタイプとなっています。

オーニングとシェードとの違いとして、シェードは薄く網目の大きい布で、日陰を作ることを目的にしています。それに対して、オーニングは厚手の素材が多く、雨よけとしての用途としても使えます。

グリーンカーテン

グリーンカーテンは、植物を窓の外で育成し、窓ぎわをつる性の植物で覆います。主な植物としては、アサガオやゴーヤ、ヘチマなどがあります。グリーンカーテンは日差しを遮り、植物の気化熱などで周囲の温度を下げる効果があります。グリーンカーテンのデメリットとして、窓から外が見えにくく、毎日の水やり、防虫対策などをしなくてはなりません。

屋内の西日対策とは?

屋内の西日対策に効果的な方法について解説します。

遮光カーテン

遮光カーテンは光を遮って暗くするためのカーテンのことです。遮光カーテンを閉めて日差しを遮ると、日中でもぐっすり眠れたり、紫外線カットなどが可能になります。外の明るさが気になりにくくなるため、寝室や西向きの部屋に最適です。

ロールスクリーン

ロールスクリーンとは、コードを使ってロール状の布を引き下げたり、巻き上げたりして開閉するカーテンのことです。カーテンレールがなくても簡単に取り付けできるため、カーテンよりもスッキリした使い方ができます。

ブラインド

ブラインドは、日よけや目隠しなどの目的で窓の内側に付けられる窓のための覆いのことになります。ブラインドは羽の角度を変えることで日差しの調整や風を取り込むことが可能です。デメリットとして、羽の間にホコリが溜まりやすく掃除するのが手間となります。

窓ガラスフィルム

窓ガラスフィルムは窓ガラスに貼り付けるフィルムのことです。窓ガラスフィルムを貼ることで紫外線を防いだり、断熱効果も期待できます。窓の場所を取らずに、自分で貼り付けもできるため、気軽な利用ができます。
デメリットとして、綺麗にフィルムが貼れないと気泡などが中にできてしまいます。費用はかかりますが、専門業者に窓ガラスフィルムの貼り付けを依頼した方が確実に貼ることができるでしょう。

複層ガラス

「複層ガラス」は、ガラスとガラスの間に空間(中空層)をもたせたガラスのことです。
窓ガラスが1枚だけの「単板ガラス」では断熱性が低く、外の暑さ寒さなど気温の影響を受けやすいです。「単板ガラス」を現在も窓で利用している場合は、遮熱効果のある「複層ガラス」を設置するといいでしょう。
「複層ガラス」を使った窓は遮熱効果、紫外線対策、結露抑制効果、防音など多くの効果が期待できます。

二重窓

二重窓は、既存の窓の内側に新しい窓を設置することです。一般的な窓よりも防音性、結露防止、断熱性が高くなり、防犯効果も期待できるものとなっています。断熱性能があるため、西日の対策としても有効です。

まとめ

西日とは西に沈んでゆく太陽の日差しのことです。

西日の対策としては、特に複層ガラスや二重窓など窓ガラスを交換することが有効です。

メット株式会社でも窓ガラスの販売・交換などの西日対策のリフォームに対応していますので、ぜひご検討ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

メットでは『自分で取り付け』『メットにおまかせ』サービスを通して、住まいのアップデートをサポートしています。

採寸方法や組み立て、取り付けからアイテムの選び方まで、快適な住まいへのアップデートに関するご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。
メットサポータースタッフが丁寧にご案内致します。

メット株式会社
〒661-0974 兵庫県尼崎市若王寺3-30-24
営業時間 10:00~18:00(定休日 土日祝)