アップデートのポイント

省エネの窓ガラスとは?自宅での冷暖房の省エネ対策を解説

電気代が思ったよりも高いと感じた経験はないですか?特に冷暖房での省エネ対策をすることでも、電気代を抑えることができ、省エネ効果が期待できます。この記事では、省エネ対策とは何か、エネルギー使用量の割合、省エネ対策として冷暖房費を抑える方法について解説しています。

省エネ対策とは?

省エネとは、「省エネルギー」の略となります。石油、石炭、天然ガスなど、限りあるエネルギー資源がなくなってしまうことを防ぐため、効率よく使うことを省エネ対策といいます。

省エネ対策は光熱費の節電だけでなく、地球温暖化に対しても大きな役割を果たします。また、日本のエネルギー使用量はここ数十年で大幅に増加しており、エネルギー供給の安定が必要となってきています。

省エネ対策の必要性

省エネ対策をすることは、エネルギーの安定供給の確保、地球温暖化防止の両方の意義があります。
エネルギーの安定供給確保は、エネルギー資源の多くを輸入に頼っている日本にとって最重要な課題となっているでしょう。
地球温暖化防止については、温室効果ガスの大部分を占めるエネルギー起源のCO2削減に向けて省エネ対策する必要があります。

エネルギー使用量の割合とは?

エネルギー使用量の割合としては、冷暖房費(約30%)、動力・照明他(約30%)、給湯(約30%)、厨房(約10%)となっています。

特に冷暖房費に関しては、エアコン・床暖房・ガスストーブの灯油などを含み、使用量としては冬の暖房がかなりの割合を占めています。
家の冷暖房をいかに効率的に行えるかが省エネ対策に必要なことでしょう。

省エネ対策として冷暖房費を抑える方法

省エネのために、冷暖房費を抑える方法をご紹介します。

エアコンの温度を最適に設定

エアコンの設定温度は、夏の冷房は28℃、冬の冷房時は20℃を目安に最適な設定にしましょう。
エアコンは1℃設定温度を変えるだけでも、年間数千円程度の費用が変わり、省エネ効果を得ることができます。

ドア・窓の開閉を減らす

ドア・窓の開閉を減らすことで、冷暖房時の空気が外に逃げなくなり、省エネ効果が期待できます。ただし、適度な換気はするようにしましょう。

扇風機を活用する

暑い日は、エアコンと扇風機を併用しましょう。エアコンだけを使っていると、冷たい空気は下に溜まり、熱い空気は上に溜まります。エアコンと同時に扇風機を使うことで、室内に溜まっていた空気が身体に届くようになります。

そのため、夏場に扇風機をエアコンと併用すると、体感温度が下がり、エアコンの設定温度を上げても涼しく快適に過ごすことができます。

カーテン・ブラインド・すだれなどを使用

夏場には、カーテンや、ブラインド、すだれなどを使って外からの日差しを遮るようにすると、部屋がよく冷えるようになるので、省エネ効果が期待できます。冬場は部屋の温度を下げないように厚手のカーテンを有効に利用したほうがいいでしょう。

エアコン室外機の温度環境・障害物の見直し

室外機の置かれている環境を見直すことも省エネ効果が期待できます。室外機は、エアコンの室内機から送られてきた、部屋の温かい空気を熱交換器(フィン)で冷やし、部屋に冷たい空気を戻します。

そのため、室外機の温度が上がると空調が効きにくくなってしまうでしょう。室外機の風通しが悪いと電気代は1.5倍になってしまうと言われています。

室外機周辺の温度調整として、直射日光に当たらないようにします。また、吹き出し口付近に障害物を置かないようにしましょう。

熱交換器(フィン)・フィルターの清掃

熱交換器の表面の汚れ、フィルターの目詰まりは空調効率の悪化になります。省エネのためには、熱交換器(フィン)やフィルターを掃除しましょう。環境省によると、2週間に1度フィルターを清掃すると冷房時で4%、暖房時で6%の省エネが可能になるようです。

複層ガラスを導入する

今ある窓の性能を上げると、かなりの省エネ対策が期待できるでしょう。最も大きな熱の通り道は開口部の窓になります。

冬には窓から室内の熱が60%逃げ、夏には窓から室内に70%の熱が入ってきます。
そのため、断熱・遮熱効果のある窓の複層ガラスを導入して窓の性能を上げましょう。

複層ガラスとは、2枚のガラスの間に乾燥空気が封入された中空層を持たせたガラスです。ガラスより熱伝導率の低い空気を中間層に入れることで、断熱性能を高めることが可能となっています。

二重窓を導入する

二重窓とは、既存の窓はそのままに室内側に取り付ける窓サッシのことです。複層ガラスのようにガラスが二重になるのではなく、窓サッシが二重となります。二重窓にすることで、断熱性能が高くなり、省エネ対策となります。また、二重窓を導入することで防犯、結露、防犯対策などの効果が期待できます。

まとめ

省エネ対策とは、石油、石炭、天然ガスなど、限りあるエネルギー資源がなくなってしまうことを防ぐため、効率よく使うことをいいます。省エネ対策をすることで電気代の節約なども可能です。

特に省エネ対策として「複層ガラス」「二重窓」など新たな窓ガラスを導入するのがオススメです。メット株式会社でも「複層ガラス」や「二重窓」を利用した窓の販売からリフォームまで対応していますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

メットでは『自分で取り付け』『メットにおまかせ』サービスを通して、住まいのアップデートをサポートしています。

採寸方法や組み立て、取り付けからアイテムの選び方まで、快適な住まいへのアップデートに関するご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。
メットサポータースタッフが丁寧にご案内致します。

メット株式会社
〒661-0974 兵庫県尼崎市若王寺3-30-24
営業時間 10:00~18:00(定休日 土日祝)