アップデートのポイント

洗面化粧台の寿命とは?寿命が早まる原因・交換のタイミングを解説

洗面化粧台は1日に何度も利用する欠かせない場所となっています。「洗面化粧台が古くなってきた?」「いつ交換すればいいの?」などそんな考えが頭をよぎるかもしれません。実は、洗面化粧台には寿命があり、交換のタイミングを把握しておくことが大切です。

そこで、この記事では「洗面化粧台の寿命」「洗面化粧台の寿命が早まる原因」「洗面化粧台の交換のタイミング」について解説します。

洗面化粧台の寿命ってどのくらい?

洗面化粧台の寿命は、10年程度。品質の高い長持ちするもので20年程度となります。家の中でも毎日、毎晩つかうため、使用頻度は高い場所です。

洗面化粧台の寿命:10年~20程度

洗面化粧台の部品・周辺機器の寿命

洗面化粧台の部品・周辺機器の寿命は20年程度です。

機能がほとんど付いていない「シンプルな洗面化粧台」と、「多機能な洗面化粧台(シャワーホース・タッチ水洗・乾燥機付きなど)」では、搭載機能が多くなるにつれて寿命は短くなります。

洗面化粧台の寿命が早まる原因

家族人数による使用頻度

例えば、1人暮らしと5人家族なら使う頻度が5倍程変わります。水回りの製品は特に劣化がしやすく、洗面化粧台の寿命は利用者が多ければ多いほど早まります。

掃除・メンテナンスをしない

洗面ボウル表面や排水口には水以外のモノを扱うために汚れが付きやすく、掃除しないと汚れが目立つようになります。そのため、定期的な掃除をしていくようにしましょう。

また、表面的に掃除をしても、内部のパイプの汚れは目で見えないため、メンテナンスを怠ってしまいます。排水溝の詰まり・ニオイが目立つようになる前に、メンテナンスしていくことが大切です。

定期的に掃除・メンテナンスをすることで洗面化粧台の劣化を抑えていきましょう。

蛇口部分を乱暴に扱う

蛇口部分で水を出す、止めるという使い方でも、乱暴に扱えば壊れる原因となります。蛇口部分は経年劣化がしやすく、乱暴に扱うことで、さらに劣化や破損させることになるでしょう。

洗面化粧台にモノを落とす

洗面化粧台で化粧用品の瓶やヘアアイロンなど硬いものを使っている最中に、洗面ボウルに落としてしまうことがあるかもしれません。
洗面化粧台の素材が陶器だと、落としたものの重さによってはヒビが発生することもあります。

洗面ボウルのヒビ・それに伴う水漏れなどをそのまま放置すると、被害が拡大していくので、買い替えを検討した方がいいでしょう。

洗面化粧台の交換のタイミング

洗面化粧台が壊れてから新しいものに交換すると、急いで洗面化粧台を選ぶことになるため、ゆっくり選ぶことが難しくなります。また、在庫がなければすぐに工事ができません。
そこで、洗面化粧台の寿命のサインが出たときに交換を検討するのがいいでしょう。ここからは、洗面化粧台の寿命のサインについてご紹介します。

蛇口部分の水漏れ

水を止めても、蛇口部分から水が落ちているようであれば、蛇口が劣化しているといえます。洗面台下の収納部分がカビ臭い場合は、水漏れしている可能性があるため注意しましょう。

洗面ボウルのヒビ割れ

洗面ボウルに硬いものを落したとき、ヒビ割れする場合があります。ヒビから入った水分が洗面ボウルの下部分まで染みこんでカビが発生し、不衛生な状態となってしまいます。

シャワーヘッド・排水溝の故障

水栓に引き出すタイプのシャワーヘッドがついている洗面化粧台も故障することがあります。何度も引き伸ばしては元に戻すという行為をしてると劣化していきます。シャワーヘッド・排水溝からの水漏れが起こったりと故障した場合は交換のサインとなります。

収納スペース・鏡の損傷

収納スペースの棚や扉が壊れたり、水の染み込みからカビになることがあります。また、鏡にモノなどをぶつけて割れることがあります。収納スペース・鏡の損傷があったら修繕・パーツ交換をするようにしましょう。

修繕・パーツ交換ができない

洗面化粧台の一部だけが破損してしまったなど、壊れている場所によっては、洗面台をまるごと交換しなくても、修繕・パーツ交換だけで済むこともあります。
しかし、修繕費が新しい洗面化粧台を買うよりも高くなったり、古い洗面化粧台では交換パーツがないこともあります。
このような場合は、洗面化粧台そのものを交換することを検討するのがいいでしょう。

まとめ

・洗面化粧台の寿命は10年~20程度
・洗面化粧台の寿命が近づいたサインを判断して購入する

洗面化粧台は毎日見ている空間のため、汚れや劣化に無関心になっている可能性があります。洗面化粧台は10年程度でなんらかの不具合が見られることが多いです。交換のタイミングとして、寿命が近づいたサインを見逃さないことが大切です。

洗面化粧台をお探しの場合は、お手頃な価格で洗面化粧台を取り揃えていますので、メット株式会社の「商品一覧」をご覧になってみてください。
http://mett.shop25.makeshop.jp/view/category/ct42

コロナウィルスの影響で、帰ってすぐに手洗い・うがい出来るように「玄関の洗面台」を新たに設置したり、蛇口を触らないで済む「タッチレススイッチ水栓」を取り入れるご家庭も増えてきています。新たに洗面化粧台を取り付けする際にもメット株式会社にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

メットでは『自分で取り付け』『メットにおまかせ』サービスを通して、住まいのアップデートをサポートしています。

採寸方法や組み立て、取り付けからアイテムの選び方まで、快適な住まいへのアップデートに関するご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。
メットサポータースタッフが丁寧にご案内致します。

メット株式会社
〒661-0974 兵庫県尼崎市若王寺3-30-24
営業時間 10:00~18:00(定休日 土日祝)