アップデートのポイント

【室内の換気】するメリットとは?効果的な換気の方法・換気の頻度と時間を解説

家の換気について、なぜ必要なのか疑問ではないですか?家の換気が必要なのは「生活臭をなくす」「ダニ、カビを発生させない」「結露を発生させない」「病気になりにくい」「新鮮な空気でリフレッシュできる」などのメリットがあるからです。
この記事では、換気するメリット、効果的な換気の方法、換気の頻度・時間について解説しています。

室内を換気するメリットとは?

室内を換気するのはなぜ必要なのでしょうか。室内の換気をすることによる具体的なメリットについてご紹介します。

生活臭をなくす

密閉した室内で生活していると、体・食べ物・ペットなどの生活臭がこもることで、部屋の中にさまざまな臭いが充満してしまいます。これを放置していると、衣類・カーペット・ソファーなどの布に染み付きます。布に染み付いた臭いは換気後であっても取れにくくなってしまいます。

換気を行うことで部屋の中の嫌な臭いをなくすことができ、生活臭が定着することがなくなります。

ダニ、カビを発生させない

ダニ・カビはアレルギーの原因となるため、発生を防ぐ必要があります。特にダニ・カビはハウスダストの多い空間を好み、換気をしていない環境では増殖していきます。定期的な換気をすることで、目に見えないダニ・カビの発生を抑えられ、アトピー・シックハック症候群(室内の汚染された空気を吸うことで、様々な体調不良を引き起こすこと)などの症状を防ぐことになるでしょう。

結露を発生させない

冬に換気をしないで過ごしていると、部屋の湿度と温度が上昇していきます。そのため、冬には外気との温度差によって窓に結露が発生してしまいます。

この結露によって水滴が窓サッシにたまると、カビが発生する原因となります。
定期的な換気を行うことで、室内の温度と外の気温差を減らし、結露の発生を防ぐことが可能です。

寒い冬には窓を閉めっぱなしにしていますが、結露を防ぐために換気するようにしましょう。

病気になりにくい

暖房を冬につけていると、部屋は数時間で乾燥してきます。この乾燥が進むことで、ウィルス(インフルエンザ、コロナなど)が繁殖しやすい環境となります。そのため、換気をしていない室内においては病気となるリスクが高くなります。

学校や職場などでもウィルス対策として換気を促されることもありますが、これが理由です。健康のためには換気を定期的に行い、ウィルスを空気中に滞留させないようにしましょう。

新鮮な空気でリフレッシュできる

換気によって新鮮な空気を部屋の中に取り込むことで、気分をリフレッシュさせてくれます。部屋にこもった古い空気、嫌な匂いを排出し、新しい空気を取り入れることで、心も体もリフレッシュできます。快適な暮らしを送るためにも換気は必要といえるでしょう。

効果的な換気の方法

効果的な換気の方法について解説していきます。

24時間換気システムを利用

24時間換気システムとは、機械を用いて室内の空気を室外の空気と入れ替え、新鮮でキレイな状態にする設備のことです。住宅の換気について、シックハウス症候群を予防するために、2003年7月には建築基準法が改正されることで、24時間換気可能な機械換気設備の設置が原則として義務付けられました。

24時間換気システムを使うと窓を開けなくても、吸気口から外の空気が入ることで、排気口から出ていく仕組みです。1時間で半分の空気が入れ替わるようになっているため、24時間換気システムが設置されている部屋は常に稼働するようにしましょう。

窓を2ヶ所開ける

部屋の対角線上にある窓を2ヶ所開けることで、効果的に部屋の空気を十分に入れ替えることができます。新しい空気が入る入口と、古い空気が出ていく出口をそれぞれつくるので、部屋の空気に自然な流れが発生します。

窓が対角線上にない場合、高低差のある場所の窓を開けることで換気することができるでしょう。

サーキュレーター・扇風機を利用

1つしか窓がない場合には、サーキュレーター・扇風機を利用しましょう。部屋のドアを開けて、扇風機を窓の方へ向けて、部屋の外に空気を流すことで、効果的な換気ができます。

台所の換気扇を利用

台所の換気扇は換気力が強いため、短時間で周りの空気を入れ替えることができます。24時間換気と換気扇を併用することでも効率的な換気が可能です。

浴室・脱衣所の換気

浴室・脱衣所はお風呂の湿気などで湯気がこもることで、カビが繁殖しやすいです。お風呂を使用した後は、換気扇を回す、窓があれば開けるなどして室内から湿った空気を逃がすようにしましょう。
お風呂は、24時間換気を続けることが最も望ましく、最低3時間は換気することでカビが発生しにくい環境にすることが可能です。

換気の頻度・時間

換気の頻度は1時間に5~10分程度

部屋の大きさによって異なりますが、一般的に換気は1時間に5〜10分程度が良いとされています。換気の回数は多いほうがよく、1時間に5分の換気を1回よりも2回するほうが効果が高いでしょう。

換気の時間は12時~16時の間

換気する時間帯として、できるだけ湿度の低い12時〜16時の間にするのがオススメです。曇りの日や雨の日は夜と湿度が変わらないことがありますが、この時間を狙って換気するようにするといいでしょう。

まとめ

住宅の換気は重要です。そのため、常に換気をしていくことが必要ですが、冬に窓を開けると部屋の温度が一気に下がってしまいます。

そこで、窓ガラスとして複層ガラス(2枚以上のガラスの間に乾燥空気・質量が重いガスなどを封入したガラス)、二重窓(既にある窓の内側にもう1つの窓を取り付けたもの)を利用することで、家の断熱性を高められます。

快適な換気をするためにも、窓ガラスの複層ガラスについては、こちらよりお問合せください

また、メット株式会社の運営するYahoo!ショップ「住まいのアップデートYahooストア」も、一度ご覧になってみてください。


お問い合わせ・ご相談はこちら

メットでは『自分で取り付け』『メットにおまかせ』サービスを通して、住まいのアップデートをサポートしています。

採寸方法や組み立て、取り付けからアイテムの選び方まで、快適な住まいへのアップデートに関するご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。
メットサポータースタッフが丁寧にご案内致します。

メット株式会社
〒661-0974 兵庫県尼崎市若王寺3-30-24
営業時間 10:00~18:00(定休日 土日祝)