アップデートのポイント

【グリーン住宅ポイント】 リフォームの「対象商品」を解説

住宅需要を喚起し、コロナウィルスの影響で落込んだ経済の回復を図るため「グリーン住宅ポイント制度」が始まりました。この記事では、グリーン住宅ポイント制度の主なポイント発行の対象は「住宅取得」と「リフォーム」になりますが、「リフォーム」についての要点をお伝えしています。「グリーン住宅ポイント制度」の「住宅リフォーム工事」についての内容、発行ポイント、具体的なLIXIL、YKKAPの対象商品を解説します。

グリーン住宅ポイント「リフォーム」とは

グリーン住宅ポイント制度とは、高い省エネ性能を持つ住宅を取得する人に対して、ポイントを発行する仕組みのことです。住宅をリフォームする所有者などが対象となります。

グリーン住宅ポイント「リフォーム」の条件として、所有者が施工者に発注(工事請負契約)して実施するリフォームであることと、令和2年12月15日~令和3年10月31日の間に工事請負契約した省エネリフォームなどであることが必須になります。

「リフォーム」でもらえるポイント

リフォームの内容に応じたポイントの合計で、上限は30万ポイントになります。

若者・子育て世帯では、自ら居住する住宅をリフォームすると上限が45万ポイント、既存住宅を購入してリフォームすると上限は60万ポイントに引き上げられます。

一般世帯では、安心R住宅(国土交通省が定めた基準を満たした安心して購入できる中古住宅の目印)を購入してリフォームすると上限は45万ポイントに引き上げられます。

グリーン住宅ポイント対象「リフォーム」とは

「①開口部の断熱改修」「②外壁、屋根・天井または床の断熱改修」「③エコ住宅設備の設置」のいずれかの工事を行なう場合に、①~⑥のリフォーム工事等に応じたポイント数の合計が発行されます。

1申請あたり①~⑥の合計ポイント数が5万ポイント未満の場合はポイント発行申請できませんのでご注意ください。

⑦既存住宅購入加算:中古住宅の購入と同時でポイント2倍に

「⑦既存住宅購入加算」に該当する場合は、リフォームによって得られる①~⑥のポイントと同数のポイントが加算されます。つまり、中古住宅購入契約後3ヶ月以内にリフォーム契約して工事を行うと、ポイントが2倍になります。

①開口部の断熱改修

開口部の大きさの区分と、改修方法に応じたポイント数に、施工箇所数を乗じて算出したポイント数が発行されます。

それぞれのポイント ✖ 施工箇所数 = ポイント発行数

※1:ガラス交換は、個所数ではなく、交換するガラス1枚あたりにポイントを発行

※2:内窓交換を含む

※3:ガラス寸法

※4:内窓もしくは外窓のサッシ枠又は引戸の戸枠の枠外寸法

ガラス交換

既に持っている窓を利用してガラスを交換するものが対象になります。

◯YKKAPの主な対象商品

内窓設置

窓の内側に、新たな窓を新設するものや、新たな内窓に交換するものが対象になります。

◯YKKAPの主な対象商品

◯LIXILの主な対象商品

外窓交換

新たな窓に交換するものや、新たに窓を設置するものが対象になります。

◯YKKAPの主な対象商品

◯LIXILの主な対象商品

ドア交換

新たなドアに交換するものや、新たにドアを設置するものが対象になります。

◯YKKAPの主な対象商品

◯LIXILの主な対象商品

②外壁、屋根・天井または床の断熱改修

改修後の外壁、屋根・天井または床の部位ごとに、下表に示す1戸あたりのポイント数が発行されます。

③エコ住宅設備の設置

太陽熱利用システム、高断熱浴槽、高効率給湯機は設置台数によらず設置を行った設備の種類に応じたポイント数を発行します。節水型トイレ、節湯水栓は設置を行った設備に応じたポイント数に、台数を乗じたポイント数を発行します。

節水型トイレ

◯LIXILの主な対象商品

高断熱浴槽

◯LIXILの主な対象商品

節湯水栓:キッチン

◯LIXILの主な対象商品

節湯水栓:洗面

◯LIXILの主な対象商品

節湯水栓:浴室

◯LIXILの主な対象商品

④バリアフリー改修

箇所数によらず、改修を行った対象工事の種類に応じたポイント数の合計を発行します。

手すりの設置

便所、浴室、脱衣室その他の居室および玄関並びにこれらを結ぶ経路に手すりを取り付ける工事です。

◯LIXILの主な対象商品

段差解消

便所、浴室、脱衣室その他の居室および玄関並びにこれらを結ぶ経路の床の段差を解消する工事です。

◯LIXILの主な対象商品

廊下幅などの拡張

介助用の車いすで容易に移動するために通路または出入口の幅を拡張する工事です。

◯LIXILの主な対象商品

⑤耐震改修

旧耐震基準(昭和56年5月31日以前)により建築された住宅を、現行の耐震基準(新耐震基準:昭和56年6月1日施行)に適合させることが条件です。

⑥リフォーム瑕疵保険への加入

国土交通大臣が指定する「住宅瑕疵担保責任保険法人」が取扱う「リフォーム瑕疵保険」および「大規模修繕工事瑕疵保険」であることが条件です。

まとめ

グリーン住宅ポイント制度で利用できる対象商品は幅広いため、ぜひとも利用していきたい制度となっています。グリーン住宅ポイント制度をお得に活用していくためには、施工業者へ相談していくのをオススメします。

グリーン住宅ポイント制度の全体概要について知りたい方は、こちらの記事を参照してください。

「グリーン住宅ポイント制度」とは?制度の概要について解説

※この記事の文章、引用画像はLIXIL、YKKAPの公式資料を元に作成しています。

お問い合わせ・ご相談はこちら

メットでは『自分で取り付け』『メットにおまかせ』サービスを通して、住まいのアップデートをサポートしています。

採寸方法や組み立て、取り付けからアイテムの選び方まで、快適な住まいへのアップデートに関するご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。
メットサポータースタッフが丁寧にご案内致します。

メット株式会社
〒661-0974 兵庫県尼崎市若王寺3-30-24
営業時間 10:00~18:00(定休日 土日祝)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加