ホームサイトマップ>プライバシーポリシー
みんなで止めよう温暖化 チーム・マイナス6%
会社概要 事業内容 採用トップ 商品ラインナップ 問い合せ
 
採用情報
先輩メッセージ

皆さんと歳も近い田中さんは、若い社員の多いMETTの中でも特に新人に近い立場の方。
プロ意識が浸透した職人気質の方が多い現場で経験の少ない彼がどうやって働いているのか?
そんな所を中心にインタビューしました。
自分を磨き頑張ろうとしている姿は、編集者の目から見ても新鮮に映っていました。

──METTでのお仕事内容を教えください。
私の仕事は業務部といいまして、サッシ、障子枠の組み立て及び搬入、取付をしています。

──仕事の面白いところを教えてください
今まで建築中の現場に足を運ぶことがなかったので、新しいものを見ることができるという点と現場に行く度に建物が完成していくという流れを体感できる所がとても楽しいです。

──仕事とプライベートについて
車をいじるのが趣味なんですが、プライベートの時間は充実していますね。
たまに押している仕事の場合などは、午前中だけ出勤ということもありますが、仕事に忙殺されて遊ぶ時間もないなんてことは無いですね。もちろん、仕事をキッチリと済ますことができればですが。
休みの時間も有効に使えますし、仕事とプライベートのメリハリをしっかりとさせてもらえる会社なので、楽しい時と厳しい時と二面あるのが僕的には好きですね。

──将来どんなスタッフになりたいですか?

日頃から、お客様にとって大事なお住まいの一部になる商品ですから、小さな傷ひとつ付けないように、運搬の際も心がけて仕事してます。
そんな気持が届いて、お客様に信頼して頂ける「ぜひ、あなたにお願いしたい」といって声をかけて頂けるようなスタッフになっていきたいですね。


右のボタンをクリックしてください。動画を再生します。
『Microsoft Windows Media Player』のプラグインが必要となります。お持ちでない方は下のバナーリンク先でダウンロードしてください。

──建築現場はどのような場所ですか?
今いっている現場は忙しい所が多いので、大工さんから厳しい一言を頂いたり、早くしてくれと言われたりしますけれど、自分自身でそいうニーズに応えられるよう努力しています。
職人気質ある方々が多いですし、教え方も見て学べ!という部分も多いですし、表現も厳しいですね。
でも、そういう面とは違ってプライベートとか楽しい所とのメリハリがすごくあって楽しくやらせてもらっています。厳しい現場ですが、気が利く、気が回る、お客さんとうまく会話できる方は絶対活躍できると思います。

──社会人の先輩として一言
会社というのはもちろん厳しい所ですが、それだけじゃなくユニークで面白い一面を持っている方もいっぱいいるので、そんなに怖がらず心配せずに、仕事とプライベートを有効活用するためにも会社に入って、楽しくまじめに頑張ってもらいたいですね。


(C)METT All rights reserved. 当ウェブサイト掲載の記事、写真等の無断複写、複製、転載を禁じます。